ワウペダル 「CRY BABY(クライベイビー) 」『Buddy Guy』モデル|ギタリストが使っている機材の解説

水玉が目を引くので気になっていたワウです。
クライベイビーは使っていたのでそんなに差はないと思っていたらかなり違いました。

マイルドで深みのある高域、ウオームで太い低域、自分が使用していたワウの一回り音が厚くなった感じです。
音抜けだけを見ると以前使用していた物よりエッジが減少している感じですが痛いところがないので音作りはしやすいと思いました。

ワウをセットして音作りする時はワウONにすると音が細くなったり高域の出方が痛くなるので面倒な部分もあったのですが、このワウは全体にウオームで厚みのあるサウンド
でアンプ直結のツマミセッティングでも変わらない印象でプレイでき、レベルが沈まないのも好印象です。

足の踏み込み具合を浅い上下にしてもしっかりワウワウいってくれるから足の負
荷も軽くてすむし、側面のスイッチでモードが変えられるのでDEEPなサウンドにもなります。

そして水玉模様が目に入るとやっぱりかわいい。
エフェクターに柄をいれるのはありだなぁと思いました。

<商品紹介―Amazonより>
Buddy Guyによるブルースでのワウワウプレーをサポートするシグネチャーモデル。サイドのスイッチで、ディープなワウワウモードと、バディガイ・サウンドのウォームなベルトーンが得られるモードが切り替えられます。

投稿を作成しました 124

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る