エレクトリックギター弦 Elixir / エリクサー

  • エレキ弦 NANOWEB®コーティング
    コーティング弦であることを感じさせない、従来のエレキ弦と変わらないナチュラルなタッチ、ブライトで迫力のあるサウンドが持ち味。フィンガーノイズが程良く押さえられるのも大きな特徴の一つ。従来のエレキ弦とは比較にならない音質の長寿命を提供するエリクサー®エレキ弦の定番モデル。
  • エレキ弦 POLYWEB®コーティング
    独特の温かみのある音質を長期間保つことのできる、元祖エリクサー®エレキ弦 。
  • エレキ弦 OPTIWEB®コーティング
    エリクサー®ストリングスの高音質・長寿命を保ちながら、ノンコーティング弦のようなクリスピーサウンドと自然な弾き心地やグリップ感を提供する、コーティング弦の概念を覆すコーティング弦。

今回はElixirエリクサー NANOWEB®コーティング 10/46の感想

〜演奏性〜

コーティング弦なのでサラサラしていて滑らかな弾き心地で、かなり弾きやすい。

フィンガーノイズも軽減出来て演奏性も向上するし弦高を下げても弦のビビりが少ないので

レガート奏法などに向いてる感じ。

〜サウンド〜

NANOWEB®コーティングはパッケージにはトーンがブライトと表記しているがそこまでブライトでもないので一応オールジャンル対応という感じ。

ポップスよりはロック、ブルース寄りな弦という印象。

個人的に通常のエレキギター弦を張り替えたばかりのギラギラした弦の音があまり好きじゃなくて、

ライブの時も2日前に張り替えて高音域を抑えてたけどNANOWEB®コーティングは最初からギラギラ感がないので使いやすい。

※(POLYWEB®コーティングも使ってみたがかなりジャズ向きなウォームなサウンド)

まとめ

コーティング弦を使うのは初めてだったので手触りとか演奏性、特殊な高音域など発見が多かったです。

価格は通常より高く感じるが一回張れば半年とかは余裕で持つのでコスパは良いと思うし、何より弦の寿命が長くなって嬉しいのと弦を張り替える回数も減って嬉しい。

エレキ弦のゲージも09/42 09/46 10/46 10/52 11/49 という選びやすいバリエーション。

弦の種類もアコースティックギター弦、エレクトリック/アコースティックベース弦やバンジョーやマンドリン弦もあるので今度はアコースティックギターも試したいかな。

ただテンションは強く感じるのでチョーキングを多用するプレイスタイルは弦のゲージを下げるかギター自体の調整が必要かも。

あとストラトタイプなどでブリッジをフローティングさせてあるとこれもギター自体のセッティングを変える必要があるかもしれない。

今回コーティング弦はエフェクター並みにサウンドを作れるという事が分かったのでまた一つ知識が豊富になりました。

<商品紹介―Amazonより>

  • エリクサー弦は特殊で高度なポリマーコーティング技術によって、弦を汗や体の油分、汚れから守り、腐食を防止します
  • 張り替え当初の高音質を長持ちさせる革新的なギター弦で、世界中で数多くのプロ・アマチュアのミュージシャンが絶賛
  • オプティウェブコーティングは革新的な軽量コーティングにより、ノンコーティングプレミアム弦と変わらない音色と感触を実現
  • ライトゲージ (.010 .013 .017 .026 .036 .046)
  • メーカー側の意匠変更により、予告なく外観上のデザイン・カラー等が変わる場合がございます
投稿を作成しました 171

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る