iSP Technologies / STEALTH PRO Power Amplifier|ギタリストの機材解説

iSP Technologies / STEALTH PRO Power Amplifier175W出力の小型デジタル・パワーアンプ。
ステージやリハーサルなどでモニター用キャビネットを鳴らす為に導入。

主な機能の概要

サイズは横22.8cm、縦10cm、高さ5cm、重さ544gとコンパクトで軽量なので持ち運ぶのも問題無いしツマミはVOLUMEの1つだけというシンプル設計も嬉しい。
8Ω 175W / 16Ω 106W モノ/ブリッジ接続、ステレオ使用の場合 4Ω 90W(各ch)、8Ω 60W(各ch)で使用可能。
ただ専用ACアダプターも同じくらいの大きさで本体よりも少し重いのがデメリット。

サウンド

接続はギターからFRACTAL AUDIO SYSTEMS FM3にイン、FM3からステレオアウトさせてSTEALTH PROにステレオイン、ステレオアウトからスピーカーケーブルでスタジオ常設12×4マーシャルキャビネット1960A 1台にステレオインというシンプルな流れ。
(PAにはステレオで送るのでモニター用もアンプキャビネットを使用してステレオ再生が前提。)
FM3側のアウトプットレベルはマックスでSTEALTH PRO側のボリュームは3時くらいで充分な音量。
凄く綺麗な音で低域もパワーも申し分なくステレオ入力でも全く問題無く余裕で鳴らしてる。
透明感もありデジタルの高音域の痛さや癖も無く素直に再現してくれるので音作りがしやすい。
キャビネット1台でステレオ使用なのでステレオワイド感は減っているけど2台使えばこれも問題無いだろう。

まとめ

自宅の音作りでも小音量なのに低域があり綺麗な良い音で鳴ってくれてライブステージでの大音量までカバー出来るのは本当に凄い、最先端デジタルパワーアンプと謳ってるのも納得。
一番嬉しいのはFM3とSTEALTH PROを持って行けばスタジオやライブハウスのアンプの個体差に悩まされる事なく、コンパクトにアンプキャビネットを使ってステレオモニター出来る事が嬉しい。
FM3からアンプのエフェクトリターンに入力させてモニターする場合、アンプの種類によっては音量調整が出来なかったり個体差で状態が悪かったりなど出音に悩む事が多かったがこのセットならキャビネットだけを使うのでもうモニターの音に悩まされる事もなくなるだろう。


<Amazon商品の説明より>
最大175Wの出力で、わずか544gの革新的デジタル・パワーアンプ
“STEALTH”は、自宅練習時の小音量からアリーナクラスのライブステージでの大音量までもカバーする最先端デジタルパワーアンプです。しかもサイズは横22.8cm、縦10cm、高さ5cm、重さも544gと驚くほど軽くコンパクトです。出力は19VDCの電源で最大175Wなので、THETAプリアンプと合わせればいつもの自分のサウンドシステムが、スピーカーキャビネットに繋ぐだけでそのまま使用できるようになります。大型のラックマウントでしか構築できなかったフルシステムを、エフェクトボードに組み込んで電車でも持ち歩けるようにした唯一の製品です。スピーカーは8Ω 175W/16Ω 106Wでのモノ/ブリッジ接続、ステレオで使用する場合は4Ω 90W(各ch)、8Ω 60W(各ch)で使用可能。また電源のON/OFF切り替え時に起こるノイズも削減しました。これでスタジオ毎に毎回違う状態のアンプを使用して音が決まらなかったり、重いヘッドアンプを運んだりする必要もなくなります。







投稿を作成しました 156

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る