OPEN TRIAD / オープン トライアドについて

コードの使い方として一番便利なトライアド。
ただ3和音で7度もテンションも入らずつまらないと言えばつまらない。
そのトライアドのコンパクトな音の塊を1度、3度、5度の3音だけを使い並びを転回形にして指板上でワイドストレッチに弾くのがオープントライアド。
Cメジャーのコードで例えるならドミソが構成音なのでドミソ、ミソド、ソドミのように3つの音の並びを変えながらポジショニングも変えて弾くのですが、ミがルート状態でミソドを弾くとEのコードの何かになるのかなと思いますがCメジャーの構成音なのでCメジャーなんですね。
アンサンブルでベースがCのルート音を弾いてくれてたらギターもCのルートを弾くより雰囲気変える為にミソドの並びで弾いても問題ないという事なんです。
個人的に好きな響きはミドソの並びで、5弦7フレット、3弦5フレット、2弦8フレットの形。
これは凄く気持ちいいです。これに3弦9フレットのB音を足してCM7のコード構成音で弾くともっと大人な雰囲気になります。
今回トライアドなので3和音なのですが、オープントライアドで弾くとかなり雰囲気が変わりますので試してみる価値はあると思います。
ワイドストレッチに問題無い人なら自分なりのフォームを作るのも良いですよね。
投稿を作成しました 160

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る