エンドピンクッション

フェルト素材のエンドピンとボディの間に挟む緩衝材。

これが付いてるとエンドピンが緩みにくくなるし、ボディを傷から守るので付けてるギターやベースは多いと思う。

エンドピンクッションは面積も極小なので気にしてなかったけど、ふとボディの鳴りが詰まって聞こえるのはコレかもしれないと思い外してみたら、かなりボディ鳴りが良くなりこんな小さな物でこんなに変わるのかと驚いた。

検索したらレザー製エンドピンクッションなども販売されていて外すという選択もあるけど他の素材のエンドピンクッションに付け替えるという選択もある。

好きか嫌いかは別として音は変わると思うのでピック選びみたいな感覚で試すのも良いかもしれない。

値段も安いし手間もかからないから一番簡単な本体のカスタマイズかも。

あと自分で作ることも出来そうなので、いろんな素材で試しても良いしまたまた楽しい沼を発見してしまった。




投稿を作成しました 174

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る