OZA.net>教えて楽器・機材のこと>TC ELECTRONIC ViscousVibe/ヴィスカス・ヴァイブ

TC ELECTRONIC ViscousVibe/ヴィスカス・ヴァイブ

ティーシーエレクトロニック モジュレーション
Uni-Vibeのサウンドを再現したエフェクター

TC-ELECTRONIC_ViscousVibeサウンドはかなり良くこのコンパクトサイズであのウォームな揺らぎ感が出ます。
エクスプレッションペダルとか別で接続する事なく本体のペダルスイッチを踏みっぱなしにするとSPEEDが速くなっていくという気の利いた構造になっていてこれだけで完結してるのも嬉しいし、やろうと思えばSPEEDツマミは大きいのでギター弾きながらでも靴でツマミをコントロール出来ます。

Chorus/Vibratoの2タイプになっていてどちらのモードも使えるサウンドでTone Print機能もあるからいろいろなサウンドを試すことが出来て楽しいし、TRUE BYPASSなんだけどOFFにした直後だけ揺れが残ってるのも面白い。モデリングだからエフェクトON時で音量が下がる事もなくVOLUMEツマミもついてるので微調整しやすくて良いです。

自分的にこの手のエフェクター(モジュレーション系など)は音に触発されてフレーズが思いついたり、いくらでも弾いてられる気持ち良さがないと優れてると思えないのですが、このViscous Vibeはバッチリそれがあって自分好みのちょうど良いサウンドが作れると思います。
(2015年7月16掲載)

<TC ELECTRONICによる商品の説明>
Shin-Ei Uni-Vibeは極めて特徴的な回路構成のアナログ・エフェクターで、そのサウンドも複雑を極めます。Viscous Vibe(ヴィスカス・ヴァイブ)の開発は、TC ElectronicのDSP開発のノウハウを駆使し、実機を横に1:1のサウンドを比較を繰り返しながら、進められました。Viscous Vibeは、現代のエフェクターならではの性能と利便性を持ちながら、ジミ・ヘンドリックスを筆頭にピンク・フロイドやロビン・トロワーが愛用したことで知られる伝説的なモジュレーション・エフェクトのテイストを再現します。

TC ELECTRONIC
http://www.tcgroup-japan.com/TCE/Guitar/ViscousVibe/index.html

OZAが使っている機材の解説や活用法、気になる機材についての感想などを紹介します。