ポップガード ポップガード(ポップスクリーン)ボーカルのレコーディングの時につかう意味と種類

ポップガード(ポップスクリーン)とは

そもそもポップガードとは何か(ポップスクリーンとも言う)。
それは、ボーカル(声)のレコーディングの時に、レコーディングマイクの前に付けている網の張ったもので、これをつけることで、破裂音や息音のノイズなどをマイクが拾うのを防ぐことができます。

ポップガード(ポップスクリーン)の素材は意外に重要

以前ボーカルレコーディングの時のこと。自分のコーラスを録りが終わって、ボーカルのの番になるとエンジニアの方がコンデンサーマイクポップガードを別の種類のものに取り替えました。マイクを替えるのは経験上知っていたけど、ポップガードまでも替えるのは??と思い聞いてみると、「以外に音が変わる!」というのです。

当時、宅録でもポップガードは使っていたものの、特に興味がなかったのでメーカーやタイプもよく考えないで使用していました。
その頃はナイロン系の素材のタイプを使っていたのですが、Seide社製の金属のタイプに替えてみたところ、音(音の抜け)が良くなりました。マイクに入る前に声が通る所なので、意外に重要なんだなと再認識しました。

ポップガードは破裂音やノイズを防ぐだけでなく、マイクに近づき過ぎないというメリットもありますね。あと金属製のタイプは唾(ツバ)がいっぱい飛んでも、すぐに拭いたり洗ったりすることができるのもイイですよね(笑)







投稿を作成しました 130

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る