Seymour Duncan / 805 Overdrive セイモアダンカン / 805 オーバードライブ ギタリストが使っている機材の解説 オーバードライブ

セイモアダンカンはピックアップで有名なブランドですがエフェクターもかなりの種類が出ていてその中でもストラトとの相性が良い805オーバードライブを紹介します。

TSサウンドを狙ってるのは弾いた瞬間に解るのですが、より明瞭なサウンドになって使いやすくなったのが805オーバードライブです。
ツマミはレベルとドライブ、そしてミニツマミのベース、ミッド、トレブルの全部で5つなんですがこのペダルの凄い所はミニツマミはフラットのままでもかなり使える気持ちいいクランチサウンドが出せます。

アンプはクリーンセッティングでギターはストラトのフロントかフロントとセンターのハーフトーンでペダルの側のレベルは10時くらいドライブが2時くらい。これでスティービー・レイボーンのサウンドになります!
ドライブを12時から上げて行くとコンプ感のある王道のオーバードライブサウンドになり、下げて行くとコード弾きにバッチリな分離感とアタック感が出てくるのでリード、バッキングどちらでも使えます。クリーンセッティングで805オーバードライブを単体で使うなら明瞭だし太さや温かさもあるのでミニツマミはいじらない方が良いと思います。

アンプ側をクランチ〜リードくらい歪ませて805オーバードライブをブースター的に使うのも凄く気持ち良いです。
この時はドライブは9時くらいでも厚みのあるサウンドになるのであまり上げ過ぎずにやっとミニツマミの出番。
ホント良く出来たEQでちょっと動かしても効果があり、歪みのカラーを変え過ぎずに微調整できます。

シングルピックアップならトレブルはそんなに上げて使うことは無いと思いますが、上げても高音域が痛くならないのが偉い。さすがピックアップのメーカー解ってるなぁ〜と感心しました。
ミドルも使いやすくてフラットから下げると薄っぺらくならず解像度が増す感じでベースも下げてもタイトになるので歪んだアンプのセッティングでもブーミーにならないです。
歪みペダルに付いてるEQで引き算でも足し算でもない本当に使えて意味のある立体的なEQの効き具合は初めてかも。
ペダル単体でブルージーなサウンドから歪んだアンプにプラスしてドンシャリなメタルサウンドにも対応出来るのでTSよりも断然優秀なペダルです。

<amazon商品の説明>
805は、枯れた味わいのあるクラシックかつチューブライクなオーヴァードライブに、3バンドEQを搭載したペダルです。 Forzaと比べ、よりオールドライクなトーンになっており、煌びやかなハイエンドとすっきりしたローエンドが特徴です。 基本的なオーヴァードライブペダルとしての使用はもちろん、歪んだセッティングのアンプをブーストさせる事にも最適なペダルです。 Blues, Country, Rock, Metalなどあらゆるプレースタイルに対応でき、3バンドEQの使い方次第で、スムースで情熱的なブルース・トーンからメタル・クランチサウンドまでセッティング可能です。 805は、他のペダルと同様に、様々なDuncan Pickupを創りあげたチームによりカリフォルニア・サンタバーバラの自社工場にて製作されています。

投稿を作成しました 128

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る