Fender PICK 351 SHAPE/フェンダー ピック 351 シェイプについて|ギタリストが使っている機材の解説

ブースターはいろいろ試してきましたがやっとこれだ!というのに出会えました。

ピックに関しては何回か書いてますが今回も少し書きたいと思います。

こんな小さな物で形、厚さ、素材でこんなに音が変わってしまうものなのかといつも気付かされますが、形も厚さも素材も同じで大きさだけ違うとどうなんだろう?と、べっ甲柄で有名なFender 351シェイプのjazz3タイプと同じ大きさの物を使ってみました。

これは良いかもしれない!、通常サイズよりも小回りが利くしサウンドもブライトな響きがある。
大きさとしてはDunrop jazz3と同じくらいなんですが、サウンドは違いFender 351シェイプの通常サイズよりもパキッとした出音があり、通常サイズの良い意味で鼻の詰まった感じのサウンドとの間で面白い。

一時期はべっ甲柄のFender 351シェイプで固さはHEAVYをよく使ってたのですが、速さに対応しづらくて別の小さめなピックをメインに使用してたのでこれを見つけて小さくなって可愛いなくらいの印象でしたが実際に弾いてみるとこれは戦力がまた増えたなとビックリする手応え。
厚さも大きさもほぼ同じjazz3タイプの本当のべっ甲だとブライト感が強くてオールマイティーじゃないのが難点だなと思ってたのでちょうど良いのと出会えた感じです。


<amazon商品の説明>
どんなギターやベースを演奏する時も、Fenderのクラシックな感触を味わいながら自分だけのファッションとスタイルを表現することができます。Fenderのピックは、どんな演奏スタイルにも柔軟に快適さと高性能を提供します。演奏スタイルや好みに合わせて選べるよう様々な厚みを用意しています。

投稿を作成しました 128

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る