マイクプリアンプ ART( エーアールティー ) Tube MP Studio V3

宅録でのボーカル録音 マイクプリが入るとそれまでの音とはかなり変わります

値段的に手頃だし、ファンタム電源供給だし、流行りのチューブタイプだし、評判も良かったので「ART Tube MP Studio V3」を買ってみました。マイクプリを買うのは初めてだったので、今までとどれくらい変化が出るのか楽しみでした。

それまでは、マッキーのヘッドアンプとマッキーのファンタム電源で、RODE/ロードNT2と使っていて、それでも結構満足していたのですが、やっぱりマイクプリが入るとそれまでの音とはかなり変わりました。

RODE/ロードNT2自体はシャリシャリした音なんですが、それをART Tube MP Studio V3を通すと、暖かみを付けて膨らませた感じの音になりました。僕が買ったART Tube MP Studio V3はVOICINGというプリセットみたいなのがあって、ツマミを回すとボーカル用とか、エレキギター用とか、ベース用など、その楽器用にセッティングされた音になるのですが、僕はVALXEというモードで歌もアコースティックギターも録っています(それが一番暖かく録れる)。

その他のモードは、ちょっといいものもあるけど、音を変え過ぎて逆に使いづらいし、僕の中では使えない音でした。とは言え、VUメーターも付いているし、入力オーバーを分かりやすく確認して出力を調整できるというのは、やっぱりいいなぁと思いながら、こまめにイジッています。

投稿を作成しました 130

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る